製品情報 最先端の機器を知る。

クリニック内の画像をまとめて管理したい先生へ

富士フイルムでは、各種検査機器を交えたトータルクリニックソリューションで安全、快適なデジタル画像運用をサポートいたします。

特長

院内の画像データをトータルで管理できます!

富士フイルムのデジタルX線画像診断システムC@RNACOREなら、FCR画像だけでなく、超音波、内視鏡、心電計などのデータも取り込めます。

電子カルテとも確実にリンク

40社以上のレセコン・電子カルテとの連携接続実績があり、患者情報や画像表示連携などで効率的な運用をサポートします。

シェアNo.1 X線画像診断システム FCR

お求めやすく、使いやすいデジタルX線診断システムFCR PRIMAは、操作がとてもシンプルで、初心者でも簡単に使えます。

次世代ネットワークサービスに対応

オンライン検査予約、電子カンファレンスルームなど診療に役立つ様々なサービスに対応しています。

ページ先頭へ戻る

ワークフロー

システム概要

FCR PRIMA / PRIMA T2とC@RNACOREならクリニック内の各種検査画像を一元管理し、各種画像を統合的にモニターで表示することができます。

また、電子カルテとのオーダー連携※も実現し、カルテの指示に従いX線検査を実施することで入力ミスの低減、操作の簡素化を図ることができます。医用ネットワーク機能も標準で装備されており、電子カンファレンスなどオンラインでの各種サービスもご活用いただけます。

  • 対応電子カルテは弊社営業へご確認下さい。
【図】各社検査機器
ページ先頭へ戻る

各科ごとのソリューション例

内科医さま お勧めシステム提案

電子カルテとの連携により、患者属性情報の共有化や画像表示の連携が行えるので診療業務の効率化が期待できます。また院内のFCR、超音波、内視鏡、DR装置などのデータも取り込んでまとめて管理することができ大変便利です。

受付:各社電子カルテ・レセコン
診察室1:富士画像診断ワークステーション C@RNACORE、電子カルテ
診察室2:富士画像診断ワークステーション C@RNACORE、電子カルテ
検査室:内視鏡システム AdvanciaHD
検査室:超音波画像診断装置 FC1
検査室:心電計
X線検査室:デジタルX線画像診断装置 FCR PRIMA / FCR PRIMA T2
X線検査室:DR装置

整形外科医さま お勧めシステム提案

X線検査の件数が多い整形外科医さまには、撮影機能に特化したCR Console MINIとの組み合わせがお勧めです。放射線技師さんにタッチパネルで使い勝手の良いConsoleをお使いいただき、先生は診察室でカルテとC@RNACOREを見るだけで作業分担しながら効率的な業務を行うことができます。

受付:各社電子カルテ・レセコン
診察室1:富士画像診断ワークステーション C@RNACORE、電子カルテ
診察室2:富士画像診断ワークステーション C@RNACORE、電子カルテ
X線検査室:デジタルX線画像診断装置 FCR CAPSULA-2
X線検査室:CR Console MINI
MRI検査室:MRI装置
ページ先頭へ戻る

関連情報

ページ先頭へ戻る