クリニック経営を考える。

これからの診断キーワードは『病診連携!』

今日の医療の形態は施設完結型から地域完結型に変化してきています。同じ地域に属する医療機関が協力することで、患者さんにより質の高い医療を提供することができます。質の高い医療を提供するためには画像検査・診断が不可欠です。ここでは、ネットワークやメディアを利用して大量の検査画像を医療機関同士で短時間に共有や交換する病診連携について、活用事例やメリットをご紹介します。

医療連携の必要性

1つの医療機関が全ての診療行為を行うのではなく、異なる役割を持つ医療機関がそれぞれの特色を活かした診療を行うと同時に、同じ地域に属する複数の医療機関が協力して患者さんにより質の高い医療を提供すること、これが地域完結型の医療です。

【図】施設完結型医療 → 地域完結型医療

ご自身のクリニックがある地域の医療計画を参考にしましょう

以下の4疾病、5事業について、地域でどのような医療機関がどのような治療を受け持つのかという事が都道府県が定める医療計画に記されています。この内容を参考にして『自分のクリニックはどこに患者さんを紹介出来るのだろう?』、『患者さんにとって最適な医療を提供するためにはどの医療機関にコンタクトすれば良いのだろう?』といった視点から自分のクリニックの病診連携の姿を検討されてみてはいかがでしょうか?
連携の形は病診のみではありません。標榜科や専門が異なるクリニック同士で患者さんを紹介しあったり共同で診療・治療をするような形態(診診連携)も考えてみられてはいかがでしょうか?

4疾病:がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病 5事業:小児医療、周産期医療、救急医療、災害医療、へき地医療

患者さんも医療連携を求めています!

以下の調査結果から、患者さんもより質の高い医療を受けるために医療連携を活用してほしいと思っていることがわかります。

【図】日本医師会/日医総研が2006年3月〜4月に全国の国民1364人を対象に実施した結果
ページ先頭へ戻る

メディアを利用したオフラインでの検査画像の共有・交換

病診連携では、患者さんの検査画像をクリニックと病院で共有・交換できることが必須の条件です。
クリニックからの紹介時や病院からの逆紹介時にさまざまな検査画像、検査結果をメディアに記録して添付することで、患者さんの疾病状況を連携する医療機関で共有化でき的確な診療を行うことができます。また、患者さんに不要な検査を行うこともなくなります。

【図】メディアを利用したオフラインでの検査画像の共有・交換
ページ先頭へ戻る

ネットワークを利用した患者さんの紹介・逆紹介(検査や診療の予約)

自分が診察した患者さんに、より高度な医療機器を用いた検査やより専門性の高い診療が必要になる場合があります。このような場合に、近隣の医療機関に患者さんを紹介することになります。今までは患者さんを近隣の医療機関に紹介し検査や診察を受けてもらうために電話やFAXで予約をとる必要がありました。ところが患者さんと紹介先医療機関の両方の都合があう日時を決めるのはなかなか手間がかかるものです。さらには日時がきまるまで患者さんを待たせてしまいます。
この検査や診療の予約をネットワークを利用した検査・診療予約ASPを用いて簡単に行うことができます。

導入のメリット ・患者さんといっしょに近隣医療機関の検査・診療のスケジュールを確認しながらその場で予約することが出来ます。 ・予約と同時に患者さんの疾病状況を知らせることができ、近隣医療機関での患者さんの受け入れがスムーズになります。 ・患者さんが紹介先医療機関に来院されたことが、予約画面から確認できます。 ・逆紹介時に検査結果画像や読影レポートを受け取ることができ、患者さんに継続的な診療ができます。 ・紹介先医療機関の受付時間外でも予約を入れておくことができます。(PM5:00以降の診察等に最適)
【図】ネットワークを利用した患者さんの紹介・逆紹介(検査や診療の予約)
ページ先頭へ戻る

ネットワークを利用した病診連携のバリエーション

クリニックと近隣の医療機関を繋いだ病診連携には、以下のような各種のサービスがあります。

1. クリニックからの患者の紹介
  • 高度医療機器を利用した検査の予約
  • 各科臨床外来の診療予約
  • 診療情報の事前通知
2. 近隣医療機関からの逆紹介
  • 検査結果の返送(検査結果画像、読影レポート)
3. 救急医療機関同士での救急患者の状況の共有化
  • 画像共有+掲示板システムによるネットワーク上でのカンファレンス
【図】ネットワークを利用した病診連携のバリエーション
ページ先頭へ戻る

おすすめ機器

関連情報

記事一覧 クリニック経営を考える。

電子カルテがサポートする経営の安定化
電子カルテを中心としたクリニックのIT化のメリットと機器選定ポイントをご紹介します。
モニター診断時代のクリニック経営のヒント
デジタル画像診断をクリニック経営に生かすノウハウをご紹介します。
これからの診断キーワードは『病診連携!』
中核病院との連携に必要なシステムと運用のポイントをご紹介します。
これならそんなに「オエッ」としない。経鼻内視鏡
患者さんの負担を減らし、診断の精度を高める最先端の診断機器です。
ページ先頭へ戻る