クリニック経営を考える。

モニター診断時代のクリニック経営のヒント

2008年(平成20年)4月の診療報酬の改定により、従来どおりの診療スタイルからの変革が求められる可能性が高まりました。クリニック経営は急激に変化しています。これから開業される方はもちろん、既に開業済みの先生方にも、さまざまな対応が求められます。
クリニック経営効率化の鍵を、富士フイルムのご提案をピックアップしながらご紹介いたします。

クリニックを取り巻く環境の変化

クリニックを取り巻く経営環境は、近年急激に変化しています。
一つはクリニックの増加による競争の激化。もう一つはデジタル化の進展に対応した診療報酬の改定です。
クリニックの数はいまや10万件を越え、診療行為の充実だけではなく、医療機器の導入による他院との差別化や患者さんへのサービス向上を意識する必要があります。改定される診療報酬体系への対応などの環境変化に対応して、クリニックでも差別化と経営効率化が求められる時代となったのです。

【図】医療施設数の推移

医療施設数の推移を見てみると、病院が1990年をピークに微減しているのに対し、一般診療所は逆に1990年を境に上昇に転じ、10万件を越しました。その中でも、有床一般診療所が減少しているのに対し、無床一般診療所は急激に増加しており、「プライマリーケアを担う診療所」の競争が激化していると考えられます。

平成26年度の診療報酬改訂では、電子画像管理加算に関して曖昧だった部分が明確化されました。これによりデジタル化するメリットが診療報酬面でもより明らかになりました。

【図】診療報酬の改定
ページ先頭へ戻る

モニター診断移行によるクリニック経営強化

競争激化の時代にクリニック経営を強化するキーワードの一つが、クリニックのIT化です。電子カルテの導入、および画像診断のデジタル化により、患者さんへのサービス強化とクリニック経理効率化を同時に進めることができます。
電子カルテは、レセプトコンピューターとの一体化が進んでおり、クリニック内のテキスト情報や数値情報の扱いはこちらに集約していくと思われます。一方で画像診断のデジタルデータはデータ量が大きいため画像管理専門のシステムを導入することが効率化につながります。電子カルテとの連携に優れた画像診断システムをうまく使いこなすことが、これからのクリニック経営強化の必須項目の一つとなるでしょう。

クリニック経営視点のメリット

モニター診断への移行により、経営視点では次のようなメリットが得られます。

1. 診療報酬の観点
電子画像管理加算により経営的にメリットが出てきた
2. 業務効率化の観点
目的のカルテ・画像への検索が大変楽になる
3. 保管場所の観点
従来のカルテ保管庫、フイルム保管庫のスペースが有効に活用できる

患者視点のメリット

次のようなメリットにより、患者さんへのサービス強化につながります。

  1. モニターでの説明では、過去のデータと患部の拡大表示など視覚的に説明を受けることができる。
  2. デジタルなので、紙にコピーしたり、CD-Rなどのメディアでの診療情報を持って帰ることができる。
ページ先頭へ戻る

おすすめ機器

関連情報

記事一覧 クリニック経営を考える。

電子カルテがサポートする経営の安定化
電子カルテを中心としたクリニックのIT化のメリットと機器選定ポイントをご紹介します。
モニター診断時代のクリニック経営のヒント
デジタル画像診断をクリニック経営に生かすノウハウをご紹介します。
これからの診断キーワードは『病診連携!』
中核病院との連携に必要なシステムと運用のポイントをご紹介します。
これならそんなに「オエッ」としない。経鼻内視鏡
患者さんの負担を減らし、診断の精度を高める最先端の診断機器です。
ページ先頭へ戻る